良い教員になって日本の教育に貢献しよう

>

日本教育の現状を知って、良い教員の1人として活躍しよう

この記事をシェアする

日本教育の課題は何があげられるのか

日本は、少子高齢化、グローバル化などといった社会的な変化が目まぐるしく、それぞれで生じる課題に立ち向かう姿勢が必要となってきています。
特に、少子高齢化で日本の未来を担う貴重な若者が減少していく一方で、課題は積まれていき、日本社会の安定が懸念されます。
つまり、社会に出る前の子供たちに対する教育が重要視されるのです。
具体的には、自分の考えを素直に伝えること、表現能力を養うことが必要だと考えています。
海外の英語の先生が、日本人は理論に対する考えや意見を主張するのが苦手だよねとおっしゃっていたことを覚えています。さまざまな問題に立ち向かう未来の方々だからこそ、養っていかなければなりません。
さらに、近年では、いじめや不登校の問題も日常的な問題となってきており、子供たちへの道徳的な教育も必要となっています。

日本教育の課題に対する解決策は何か

解決策としては、教育現場で目の前にある物事に対して、なぜこの事象が生じるのかということを常に考える時間及び習慣を作る必要があります。
例えば、1つの問題に対して、少人数で意見を言い合うような討論をさせたり、数学のような答えが1つの場合でも、考えられる解答方法をいくつか考えさせたりなどがあげられます。
教員がすべて教えてしまうということがあれば、生徒の考える能力を養うことができません。教えたい気持ちをぐっとこらえて、我慢することも大切です。
生徒のなぜ?という気持ちを大切にしてあげてください。
決して、学問の教育は正解だけではないということを教えてあげ、活発に意見を交わすことができる環境作りをすることが大切だと思います。


▲ TOPへ