良い教員になって日本の教育に貢献しよう

日本教育の課題と解決策を把握しよう

教育とは何かと深く考えたことはありますか?
教育とは、学問を教えるだけではなく、社会の中で人間として生きていくための手段を教えるということを耳にしたことがあります。
確かに、自分自身は、先生方から人間関係や計画の立て方、物事の考え方など、学問だけでは得られないことをたくさん教えていただきました。
現在、生きている中で、あのとき学んでおいてよかったと思う場面もあります。子どもたちが生きていける力を身につけることができるよう、アプローチするのが教育であると私は考えます。
だからこそ、学問だけを教えればいいということではありません。教育という概念について、教員が明確に理解しておくことが必要です。
では、日本教育の現状はどうなっているのか、見ていきましょう。
学力向上のためのシステムは、都市部だけではなく全国各地で整っている状況です。
世界で学力を比較しても、大きな差があるといった劣っているというわけではありません。
また、学力を身につける環境が整っているだけでなく、生活指導や道徳的な考え方の教育も世界と比較すると、優れているといわれています。
そして、集団塾や個人塾、通信教育、アプリを使用した教育など、個人の特徴や家庭事情を考慮して学ぶことができる環境も整っており、教育の場は多数存在します。
学習面では、教員が学生に知識を伝える、学生は知識を受け取って情報を整理して、理解するという一方的な教育姿勢が見受けられます。

おすすめリンク

評判の富士学院はどんな塾?

富士学院ってどんな塾?医学部受験の有名な個別指導塾のそれぞれの合格率と生徒の評判を比較!

日本教育の現状を知って、良い教員の1人として活躍しよう

教員として、日本の教育の課題や解決策を知っておくことは、目の前の教育に携わるために必要です。 教育は大切な役割ですので、どのような教育の形がベストなのか、社会背景を踏まえて常に議論が必要だと考えています。 ここでは、まず日本教育の課題と解決策を中心にお話します。

良い教員とは何か

良い教員とは何かという問いに対する答えは、1つではありません。 それは、それぞれの現場で必要な教員は異なるからです。 しかし、応用は基礎ができてからのもの。教員としての基礎固めが良い教員になるために必要なのです。 ここでは、良い教員になるために必要な基礎を見ていきます。

良き教育者と呼ばれる方々の事例

良い教員であるために、必要な基礎的なことは並べましたが、想像がつかないという方もいらっしゃるかと思います。 そこで、今回は良い教員と呼ばれる2人を例にあげてみました。 この2人がどのように良い教員として活躍しているのか、見て真似をするということから始めてみるのも、良い教員を目指す一歩となるかと思います。

▲ TOPへ